サストコ
Author:
サストコ


ポジション:User Experience Architect
ニックネーム:マリオ、カズ
Twitter:@mariosakata
Facebook:kazumichi.sakata
Linkedin:sprmario
Blog:UXploration

出身地:
ブラジル、アメリカ

出身校・学部・学位:

  • 慶應義塾大学 環境情報学部
  • 慶應義塾ニューヨーク学院(高等部)

職歴・経歴:
慶応義塾大学 環境情報学部卒業。エモーショナル・デザイン及びインタラクション・デザインを専攻。ユニバーサル・デザインを提唱したドナルド・ノーマンの著書の翻訳を担当された安村通晃教授の研究室に所属。ヒトとモノとの接点について学ぶ。2008年に楽天株式会社に入社。UX デザイナーとしてBtoB/BtoC、国内/海外問わず20以上のサービスのクロス・ファンクショナルな大規模サイトのリニューアルを担当。その後社長室に異動し、新規事業の企画から立ち上げにも参画。HCD/UXDの仕組み化と社内の浸透に貢献後、2013年夏より現職。

2011年からは数々の国内スタートアップのコンサルティング業務にも関わる。3日間に渡って Lean Startup を体系的に学べるプログラム Lean StartupMachine 共同オーガナイザ兼メンター、Startup Weekend Tokyo のコーチなども務める。企業体や会社の規模を問わず、顧客価値の最大化に向けた UX デザイン領域を探求・実践中。

趣味や好きなこと:

  • マラソン(東京マラソン完走経験アリ)
  • ラグビー(高校から大学までやっていました。するのも見るのも好きです。)
  • サッカー(小学から中学までやっていました。するのも見るのも好きです。)
  • 情報整理、情報設計

得意なことや資格:

  • HCD-Net認定 人間中心設計専門家
  • Certified Scrum Product Owner
  • ユニバーサルデザインコーディネータ2級

略歴:
坂田 一倫|Kazumichi SAKATA
(株式会社コンセント ユーザーエクスペリエンスアーキテクト)

 

1984年生まれ、ブラジル出身。慶応義塾大学環境情報学部卒。2008年楽天株式会社へ入社し、UXデザイナーとしてBtoB/BtoC、 国内/海外問わず20以上の大規模サービスのリニューアルを担当。社長室にて新規事業の立ち上げや経営企画に携わり、2013年夏より現職。 エンタープライズ情報アーキテクチャ及びサービスデザイン業務に従事。インターネットメディア企業でユーザーエクスペリエンス設計業務を担当 する人が集うコミュニティ「ShibuyaUX」「UX Tokyo」主宰。「Lean Startup Machine Tokyo」スピーカー兼メンター、「Startup WeekendTokyo」や各種ハッカソンのコーチや審査員を担当。監訳書として『Lean UXーリーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン(オライリー・ジャパン)』などがある。NPO法人人間中心設計推進機構(HCD-Net)認定 人間中心設計専門家。

メディア掲載:
エンジニアtype「 【UX設計の失敗学】今年、「最高のユーザー体験」を作りたいと考えるディベロッパーが知るべき3つのこと」

“未来を変える”プロジェクト powered by DODA「ユーザインターフェースの”標準”を生み続けるUI設計者たち」

Web担当者Forum|ユーザーを本当に理解していますか? ユーザーの行動・体験から要求を探る「コンテクスチュアル・インクワイアリー」(寄稿)(コンセント ニュースページにリンクします)

翻訳:
Human Factors International「UX Strategy: Let’s Stop Building Usable Wrong Things」(翻訳)

監修書:
オライリージャパン『Lean UX――リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン』(コンセント ラボページにリンクします)